ETロボコン東海

技術教育0

開催概要

【日程】2018年5月12日(土) 10:00 〜 17:30 (9:45 開場・受付開始)
 ※9:45以前の来場は、周辺地域への配慮のためご遠慮ください。

【会場】
 愛知工業大学 自由ヶ丘キャンパス(名古屋市)
 ※公共交通機関のご利用をお願いいたします。最寄りの駅は,名古屋市営地下鉄「自由ヶ丘」です。

目的

組込みソフトウェアのプログラミング初心者の事前準備を行う

  • 開発環境を構築し操作を知る
  • 走行体の制御とモデルに慣れる

対象者

ETロボコン2018東海地区の参加者
※プライマリー/アドバンスト どちらの参加者も可

  • 環境構築で困っている人
  • 組込みソフト開発初心者
  • プログラミング経験が浅い人

■定員:先着60名
 1チームにつき最大3名まで。(未成年の引率者は+1名)


スケジュール

  • 09:45〜10:00 受付
  • 10:00〜10:05 注意事項
  • 10:05〜12:30 【開発環境相談会】
  • 12:30〜13:30 昼休憩
  • 13:30〜17:00 【モデリング基礎】

※開発環境相談会とモデリング基礎の片方だけに参加することも可能です。
※モデリング基礎のみへ参加するチームの受付は、13:15頃に開始します。


内容

【開発環境相談会】

  • 開発環境の構築
  • コンパイル,ダウンロードの操作説明
  • サンプルソフトを使って走行体の振舞いを変える演習

【モデリング導入編】

  • 競技で使用する開発環境・要素技術の説明
  • モデルを変更し、ソースコードを作って動かす演習
  • ソースコードを作ってモデルに反映する演習

対象環境

  • 対象言語:C++
  • PC:Windowsのみ
  • 走行体:EV3Way

前提条件

  • プログラミング言語、UMLとオブジェクト指向を学習していること
  • 走行体の組み立てと開発環境(C/C++)の構築を完了していること
  • モデリングツールをインストールしている事
  • 当日、パソコン・走行体・配布した教育資料を持参すること
  • 必要に応じて、プログラミング言語やUMLの本を持参すること

持ち物

【開発環境相談会・モデリング基礎 共通】

  • パソコン
  • 走行体(EV3Way)  組み立てが完了していること
  • microSDHC 4GB以上 + SDカードアダプタ
  • EV3セットに入っているUSBケーブル(パソコンから走行体へのアプリプログラム転送用)
  • 筆記用具
  • LANケーブル(有線接続したい人のみ) ※当日は会場インターネット環境(無線/有線)を用意する予定です。

【開発環境相談会】※事前にダウンロードを済ませておくことをオススメします。


【モデリング基礎】

  • 技術教育1「要素技術とモデルを開発に使おう」資料
  • EV3Wayのトレーニング用補助脚
  • 過去のサンプルコース ※ロボコン参加経験があり、サンプルコースを持参できるチームのみ

※モデリング基礎のみに参加する場合、開発環境のインストールを事前に済ませておいてください。


お願い

  1. 施設近隣への配慮
  2.  当日の来場は、【9:45以降】でお願いします。
     9:45前には施錠されており、入場することができません。
     周辺の通行の妨げとなるため、開場時間前に入口付近でお待ちいただくことは、ご遠慮ください。
  3. 昼食ご持参の方は、構内指定場所で飲食可能です。
  4. 駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

その他、不明な点は事前や当日に実行委員へご確認ください。


参加申込方法

お申込は、こちらから。
申込受付は終了しました。

■申込締切:2018年5月6日(日) 20:00

↑ページの先頭へ戻る